レーシックして感激!

小3から瓶底メガネだった私・・・
目が悪くなり始めたのは小学校3年生頃、新学期の健康診断で分かりました。
両目0.6でメガネが必要と言われました。
クラスにメガネをかけている子は私以外にいなかったので、なんだか恥ずかしさと戸惑いがありました。
当時は今のような安い眼鏡屋が無かったので、子供用メガネは3万円程かかりました。
それから毎年毎年視力が落ち、中学生になると分厚いメガネが嫌で嫌で…
親に頼んでコンタクトを買いに行きましたが、当時はまだ種類も少なくあまり子供が装着する物では無かったので
「中学生に処方するのは初めてなんですよね…」とお店の人も困っていたのを覚えています。
高校生になると0.01まで下がっており、コンタクトの度数も9.5で最大値でした。
その時にはもうメガネのレンズではフレームに入れられるギリギリまで厚くしても0.3までしか視力を矯正出来なかったので主にコンタクトを着けていたのですが、海洋系の高校だったのでダイビングの実習等で海やプールに入る授業が多く、コンタクトだと流されてしまい本当に困っていました…。
目にいい食べ物を沢山食べたり、視力回復メガネ、視力回復体操、色々試しましたが全く良くならず…。
その頃にレーシックが始まったので、まだ施術者も少ないし、年単位の経過データも無かったのですが「これしかない!」と思い高校生の時にレーシックを受けました。>>大阪 レーシック手術<<
次の日から2.0!本当に泣きました笑
今までと全く違う視界に感動したのを覚えています。
手術直後は2.0なのですが、1.5くらいになるように手術したので段々1.5まで下がって丁度よくなります。
最初の数ヶ月は光が強く感じたりもありましたが、10年経った今でも1.5のままです。
私は本当に大成功の例だと思います。
目が見えないと、入浴の時や、思いがけずメガネやコンタクトが壊れてしまった時に本当に危険でした。
今はレーシックにも色々な術式や機械もあるようなので悩んでいる方にはぜひオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です